やないづまち 柳津町 YANAIZU


日本三大虚空蔵尊
福満虚空蔵尊




千二百年もの長い歴史をもつ会津を代表する名刹、 福満虚空蔵尊(霊厳山・圓蔵寺)。
言い伝えによれば、 唐の高僧から霊木を授かった弘法大師が 帰国後それを三つに分かち海に投げ入れたところ、 茨城、千葉そして柳津に流れ着いたといわれており、 流れ着いたその霊木で大師が虚空蔵菩薩を刻み、 それを受けた会津の名僧・徳一大師が 圓蔵寺を開創したと伝えられています。
このことから福満虚空蔵尊は 茨城県東海村の大満虚空蔵尊、 千葉県天津小湊町の能満虚空蔵尊と共に 日本三大虚空蔵尊の一つに数えられれています。


お問い合わせは
柳津町役場
TEL 0241-42-2111
Next 柳津森林公園

Designed by NAF MEDIA