とみおかまち 富岡町 TOMIOKA


諏訪神社



御祭神「美穂須須美命」について、 出雲風土記の島根県美穂郷の条に、 大国主命が高志(越後)国の、 奴奈宜波比売命と結婚して生まれた 子であると記して居り、 事大主命と異名同神としています。 大漁を祈る海神です。
神殿は神明造りに反りをもたせた、 いわゆる単層流れ造りで、 1698年(元禄11年)の造営といわれ、 その後拝、幣殿とも再建を重ね、 昭和54年に至って現社殿の建築を見ました。


お問い合わせは
富岡町役場
TEL 0240-22-2111
富岡町 交通情報・地図 Next 宝泉寺のしだれ桜

Designed by NAF MEDIA