たなぐらまち 棚倉町 TANAGURA


八溝山系に住む悪鬼を調伏祈願
山本不動尊




樹齢100年をこえる杉並木をぬけ、 130段の石段を登りつめると 巨岩の洞窟に御本尊が安置された霊場が出現する。 大同2年(807年)、弘法大師が 東北行脚の途中ここに護摩壇を築き、 八溝山系に住む悪鬼を調伏祈願したのが 山本不動尊の始まりで、 以後附近の住民は安穏な暮らしができるように なったといわれる。 山本不動尊を中心とした南北約5kmの渓流は 奥久慈県立自然公園に指定され、 春にはしゃくなげ・山桜・岩つつじ等が咲き匂い、 キャンプ、ハイキング、芋煮会、松たけ狩など 年間を通し豊かな自然が満喫できる。 また山本いこいの村は 自然を巧みに生かした多彩な施設で、 子供から大人まで楽しめる。 フィールドアスレチックやローラースライダー、 野外調理場、遊歩道などが整い入村料は無料。 (開村4月1日〜11月30日)


お問い合わせは
棚倉町観光協会
TEL 0247-33-7886
Next 八溝山と天狗党の墓

Copyright NAF MEDIA 1997