たなぐらまち 棚倉町 TANAGURA


太平洋や富士山までも一望
八溝山と天狗党の墓




栃木県、茨城県、福島県境にそびえる 奥久慈最高峰の山岳が八溝山(1022m)である。
ここからの視界は360度東に阿武隈、 西に那須連峰が一望でき、また条件の良いときは 遠く太平洋や富士山まで望むことができる。
また久慈川源流に映える紅葉もみごとである。
八溝山にはいくつかの伝説があり修験の山、黄金の山 として崇められている。
江戸時代末期、水戸藩の過激派浪士らは 尊王攘夷の旗を掲げ筑波山に挙兵した。
元治元年(1864年)世にいう天狗党の乱である。
しかし分裂により弱体化した天狗党は、 筑波山を捨て八溝山にて再決起、 党の立て直しを図ったが、 棚倉藩兵に囚われ斬刑に処せられた。 この二十余名の党員の御魂が 八溝山のふもと 大字大梅字段河内の地に眠っている。
当時の棚倉藩主松平周防守康英が処刑場に 「三界万霊塔」の供養碑を建立し、 現在この地は天狗平と呼ばれ、 今だに浪士の末路の悲惨さを物語っている。


お問い合わせは
棚倉町観光協会
TEL 0247-33-7886
Next 棚倉城跡(亀ヶ城公園)

Copyright NAF MEDIA 1997