たなぐらまち 棚倉町 TANAGURA


240年余の歴史
棚倉城跡(亀ヶ城公園)




元和元年(1622年)、常陸国古渡より 棚倉に移封された丹羽長重は、 幕府より築城の命を受け寛永元年(1624年) 近津明神(都々古別神社)を馬場の地に遷宮し、 翌2年その跡地に棚倉城の築城に着手し 寛永4年(1627年)完成した。
慶応4年(1868年)戊辰戦争で落城するまでの 240余年に8家16代の城主交代があった。
お濠に住む大亀が水面に浮かぶと決まって 殿様が転封されたということから、 別名亀ヶ城ともいわれた。
春にはお濠の内外に植えられた約500本もの桜が 一斉に咲きほころび必見である。
また土塁の内側のつつじが満開になる時期も見逃せない。


お問い合わせは
棚倉町観光協会
TEL 0247-33-7886
Next 棚倉町

Copyright NAF MEDIA 1997