本宮市 旧本宮町 MOTOMIYA


御影の観音
抱付観世音




玄丘という道士が夢によるお告げ 「この山の上に碣石があります。
汝、そこに観音の祠を建てよ」 によってその山頂に小屋を建て 馬頭観世音の尊像を安置したと 伝えられています。
これを会津藩主蒲生氏が深く崇め、 御堂を再建し清水堂と名づけました。
ところが、天生13年会津藩の兵士が この観世音を持ち去って しまうのですが一夜のうちに雷鳴が響き渡り、 碣石に抱付き御影を残したので 御影の観音とも呼ばれています。


お問い合わせは
本宮町役場
TEL 0243-33-1111
交通情報・地図 Next 本宮町

Designed by NAF MEDIA