くにみまち 国見町 KUNIMI

国指定史跡
阿津貨賀志山防塁



文治5年(1189)の奥州合戦における、最大の激戦場となった 阿津賀志山に、
奥州平泉の藤原秦衛が、源頼朝の率いる
鎌倉軍を迎撃するために築かれたもので、
この山の山腹より
西大枝の石田へと続く、約3.2kmの薬研堀状の防塁跡です。
地元では俗に二重堀と呼ばれています。


お問い合わせは
国見町役場 企画商工課
TEL 024-585-2111
国見町 交通情報・地図 Next 八幡塚古墳

Designed by NAF MEDIA