くにみまち 国見町 KUNIMI

国指定史跡
石母田供養石塔



徳治3年(1308)に僧智宣が、先祖の追善供養に 建立した板碑で、
梵字と功徳文が刻まれています。
銘文は元の帰化僧寧一山の筆跡で、
鎌倉時代における
禅密合一の思想を表現する特異なものです。
地元では俗に蒙古の碑と呼ばれ、周辺は満福寺の古刹跡といわれています。


お問い合わせは
国見町役場 企画商工課
TEL 024-585-2111
国見町 交通情報・地図 Next 阿津貨賀志山防塁

Designed by NAF MEDIA