ひのえまたむら 檜枝岐村 HINOEMATA


名産・特産品


裁ちそば

ソバやアワなどを主食としてきた檜枝岐のそばは、 小麦粉などのつなぎをいっさい使わない純粋そばです。
裁ちそばは、のばした生地を裁つように切るところから、 こう呼ばれるようになりました。
昔はそばを上手く打てない女は 嫁に行けないとまで言われました。

 
曲輪(まげわ)

昔から農具や生活用品として、 暮らしの中に深くかかわってきた曲輪は、 ネズコ(黒檜)を薄く板状にし、 熱を加えながら曲げて造られます。
雪に埋もれる長い冬の間の山人たちの手仕事として受け継がれてきました。 木の香りが漂い、木目も美しい曲輪は 単なるお土産品としてだけではなく、 実用的な品としても喜ばれています。



檜枝岐村

Designed by NAF MEDIA
1048