喜多方市 旧熱塩加納村 ATSUSHIOKANO

県重要文化財
佐原十郎義連の墓



保廷4年(1138年)、 三浦大介義明の七男として三浦半島に生まれた 会津芦名氏の祖佐原十郎。 彼は、源頼朝挙兵の時と奥州征伐の折、 功を立てて会津最初の領主となり、 本村の半在家に居城を築いたそうです。 墓は一反歩石棚を巡らした中に小五輪10基を配し、 その中央に高さ約2.5mの宝筺印塔があります。 また、傍らには高さ3mもの佐原十郎義連碑もあります。 昭和31年には県重要文化財の指定を受けています。


お問い合わせは
熱塩加納村役場
TEL 0241-36-2111
旧熱塩加納村 交通情報・地図 Next 大桧沢のブナ原生林

Designed by NAF MEDIA