あさかわまち 浅川町 ASAKAWA


世界のがん研究の発展に貢献
吉田富三記念館




吉田富三博士は 1903年(明治36年) 浅川町に生まれ、 移植可能ながん細胞である 肉腫を発見するなど 世界のがん研究を 飛躍的に発展させました。 のちに「吉田肉腫」と名付けられた その肉腫を使って 日本で最初の制がん剤を開発するなど その功績は計り知れないものがあります。
また、博士はがん研究制度の充実にも尽力し、 意欲的に後進の指導に 取り組まれました。
恩賜賞2回、文化勲章、 勲一等旭日大授賞など 数々の栄光に輝き、 1973年(昭和48年)、 享年70歳で逝去されました。


お問い合わせは
浅川町役場
TEL 0247-36-4121
交通情報・地図 Next 浅川町

Designed by NAF MEDIA
40