あさかわまち 浅川町 ASAKAWA


三百年余の伝統が華咲く日
浅川花火




浅川町の花火大会の由来には 諸説が伝えられていますが、 正確なところは定かではありません。
ただその始まりは 江戸時代中期と言われており、 以来300年余、第二次大戦中も 絶えることなく 大切に受け継がれてきました。
かつては家々が花火を手作りして 技を競っていたとか。
現在は専門職人が作った花火を 本町・荒町両青年会の 面々が打ち上げる、 という形で伝統を継承しています。
8月16日に大会当日、 「大からくり」と呼ばれる 仕掛け花火の巨大な枠組みを 青年会の若衆が担いで練り歩くと、 町は一気に盛り上がります。
クライマックスは「地雷火」。
城山の山肌に次々と 花火が炸裂するさまは、 まさに圧巻・・・。
ますます好評を博しています。

(写真 左:スターマイン 右:地雷火)


お問い合わせは
浅川町役場
TEL 0247-36-4121
Next 浅川町

Designed by NAF MEDIA
81